更新しました:国際シンポジウム「アート・歴史分野における国際的な標準語彙(ボキャブラリ)の活用――Getty Vocabulary Programの活動と日本」を開催します


来たる6月16日(土)に、下記国際シンポジウムを開催します。

本シンポジウムでは、芸術分野で中心的な役割を担う機関の一つである米国ゲッティ研究所(Getty Research Institute)のGetty Vocabulary Program*と総称される標準語彙の概要と実践事例を紹介しつつ、日本の関係者・関係機関がこのプログラムに関与することで拓かれる可能性や、その実現のための課題を多方面から検討します。

---
国立歴史民俗博物館メタ資料学研究センター国際研究集会
アートドキュメンテーション学会(JADS)年次大会関連企画
国際シンポジウム
「アート・歴史分野における国際的な標準語彙(ボキャブラリ)の活用――Getty Vocabulary Programの活動と日本」

日時:2018年6月16日(土)13:00-17:15(12:30受付開始)
場所:国立歴史民俗博物館 講堂
申込み:2018年6月11日(月)締切
※申込みフォーム<https://goo.gl/DCoEsv>からお申し込みください。

プログラム:日英同時通訳あり
13:00 開会挨拶 林部 均(国立歴史民俗博物館副館長)
13:10 趣旨説明 後藤 真(国立歴史民俗博物館)

13:20
講演1:Jonathan Ward(米国ゲティ研究所 Getty Vocabulary Programシニアエディター)
The Getty Vocabularies: Access to Art History through Multilingual Thesauri
ゲティ語彙集:多言語シソーラス(分類語彙)を通じた美術史への接近
講演2:Sophy Chen(台湾 中央研究院歴史語言研究所 助研究員)
(仮)台湾におけるゲティボキャブラリー翻訳の現状

14:40 休憩

15:00 <話題提供>日本におけるシソーラス・語彙集に関する情報蓄積または情報源について
・ 橘川英規(東京文化財研究所)「日本美術人名情報」
・ 関野 樹(総合地球環境学研究所)「歴史地名情報」
・ 茂原 暢(渋沢栄一記念財団)「企業史分野の事例」
・ 本間 友(慶應義塾大学)「現代美術分野の事例」
・ 嘉村哲郎(東京藝術大学)「Linked Open Dataの事例」

15:50 パネルディスカッション
進行:後藤
登壇:ワード、チェン、橘川、嘉村

17:00 閉会挨拶 前田富士男(アート・ドキュメンテーション学会会長)

*18:30~ 懇親会(情報交換会) 登壇者を交え、場所を変えて行います。ぜひご参加ください。
参加費:6,000円(学生 3,000円)
会場:ウィシュトンホテル・ユーカリ(京成本線ユーカリが丘駅直結、歴博からの移動は迎バスあり)

主催:国立歴史民俗博物館 メタ資料学研究センター、アート・ドキュメンテーション学会
後援(50音順):
記録管理学会、情報処理学会CH研究会、情報知識学会、全国大学史資料協議会、全国美術館会議、デジタルアーカイブ学会、日本アーカイブズ学会、日本デジタル・ヒューマニティーズ学会、日本ミュージアム・マネージメント学会
---

*Getty Vocabularies
アート、建築、装飾芸術、アーカイブ資料、視覚資料、保存修復、書誌資料に関する構造化された用語を整理している語彙集。2015年からLODでの公開・提供開始、リレーショナルテーブルとXMLでも提供される。CDWA(記述標準)やCCO(目録規則)、VRA Core(メタデータスキーマ)、LIDO(XMLハーベスティングスキーマ)、CIDOC CRM(概念モデル)などの他の標準に準拠、マッピングされている。

The Art & Architecture Thesaurus (AAT)
アートと建築のシソーラス。アート、建築、保存修復、考古、その他の文化資源に関する一般的な概念の用語、解説、その他のメタデータで構成される。資料タイプ、様式、材質、技法などが含まれる。

The Getty Thesaurus of Geographic Names (TGN)
地理的名称のシソーラス。現存する歴史的都市、国、遺跡と、アートと建築の研究に重要な物理的な特徴形相に関する名称、解説、その他のメタデータで構成される。GISや地図、その他の地理的資源にも関連づけられている。

The Cultural Objects Name Authority (CONA)
文化財の名称典拠。アート、建築、その他文化的遺産の資料(作品)に関する題名、属性、描写主題、その他のメタデータを編集したもの。現存するもの、歴史的なもの、物理的なもの、概念的なものを含み、博物館・美術館のコレクションやアーカイブ、図書館、学術研究などに関連づけられる。

The Union List of Artist Names (ULAN)
アーティスト人名総合名鑑。芸術家、建築家、企業、スタジオ、博物館・美術館、後援者、介助者、その他の芸術・建築の創造・研究に関与する人物やグループの名称、バイオグラフィ、関係人物、その他のメタデータで構成される。

詳しくはGetty Vocabularies(英語)へ。