2019年5月27日 JOSS2019にて人文情報ユニット研究会を開催

5月27日(月)、一橋講堂にて今年度第1回目の人文情報ユニット研究会を開催しました。今回の研究会は27・28日に開催されたJapan Open Science Summit 2019(JOSS2019)の1セッションとし Read more about 2019年5月27日 JOSS2019にて人文情報ユニット研究会を開催[…]

2018年度の総合資料学プロジェクトについて

すこし遅くなってしまいましたが、2018年度のメタ資料学研究センターの活動概要についておしらせします。 2018年度も、引き続き教授2名(林部センター長・三上)、准教授3名(小倉・内田・後藤)、助教1名(橋本)、特任准教 Read more about 2018年度の総合資料学プロジェクトについて[…]

2018年度の「歴史文化資料保全の大学・共同利用機関ネットワーク事業」

2018年度より本格的に始動した「歴史文化資料保全の大学・共同利用機関ネットワーク事業」(以下、歴史資料保全NW)は、人間文化研究機構(主導機関:国立歴史民俗博物館)と東北大学、神戸大学を中心拠点として、災害時における資 Read more about 2018年度の「歴史文化資料保全の大学・共同利用機関ネットワーク事業」[…]

2019年4月27日・28日 ニコニコ超会議2019のブース企画「超みんなで翻刻してみた」に参加

2019年4月27日(土)・28日(日)、ニコニコ超会議2019が幕張メッセにて開催され、ブース企画「超みんなで翻刻してみた」にメタ資料学研究センターから橋本が参加しました。 「みんなで翻刻」は、京都大学古地震研究会が中 Read more about 2019年4月27日・28日 ニコニコ超会議2019のブース企画「超みんなで翻刻してみた」に参加[…]

人文情報学のオンライン教科書『歴史情報学の教科書 歴史のデータが世界をひらく』を刊行しました

『総合資料学の創成』事業ではデータベースkhirinの公開など、人文情報学分野の取り組みを続けてきました。このたび、その一環として、2019年3月にこの分野の教科書をオンラインで刊行いたしました。人文情報学分野の第一線の Read more about 人文情報学のオンライン教科書『歴史情報学の教科書 歴史のデータが世界をひらく』を刊行しました[…]

ベルギー・ルーヴェン大学との連携協定とDHワークショップ

2019年2月27日、国立歴史民俗博物館と、ベルギー・ルーヴェンカトリック大学(KU)との間で、包括的な連携協定を結びました。総合資料学をはじめとする、研究・資料情報の共有、展示について協力し、新たな日本歴史・文化研究を Read more about ベルギー・ルーヴェン大学との連携協定とDHワークショップ[…]

2019年3月4日 全体集会「資料がつなぐ大学と博物館」を開催

3月4日、山形大学小白川キャンパスにて「総合資料学の創成と日本歴史文化に関する研究資源の共同利用基盤構築」事業の平成30年度全体集会を開催しました。 ————— Read more about 2019年3月4日 全体集会「資料がつなぐ大学と博物館」を開催[…]

2月13日から15日 千葉大学との連携授業を実施

2月13日から15日、昨年度同様、千葉大学との連携の協定に基づく総合資料学の授業「博物館で歴史を読み解く」が実施されました。 今年度は当館で実施した特集展示「変わりゆく結婚式と近代化」展をもとに、学生たち自らが展示とデジ Read more about 2月13日から15日 千葉大学との連携授業を実施[…]

2019年3月3日 地域連携・教育ユニット研究会を開催

2019年3月3日(日)、第3回地域連携・教育ユニット研究会を山形大学にて開催しました。 地域研究を進める上で、調査成果を地域と共有することが不可欠です。そのなかで、地域社会に広く発信する方法として展示活動が注目され、博 Read more about 2019年3月3日 地域連携・教育ユニット研究会を開催[…]