公開シンポジウム「地域の歴史文化資料の救済と連携」を開催

2018年12月22日(土)、千葉大学において、歴史文化資料保全の大学・共同利用機関ネットワーク事業/国立歴史民俗博物館共同研究「総合資料学の創成と日本歴史文化に関する研究資源の共同利用基盤構築」地域連携・教育ユニットに Read more about 公開シンポジウム「地域の歴史文化資料の救済と連携」を開催[…]

歴史民俗資料館等専門職員研修会にて、総合資料学の講義を実施

2018年11月14日(水)、歴史民俗資料館等専門職員研修会(歴民研修)にて、総合資料学の講義を実施しました。これは、歴史民俗系博物館に務める職員の皆様に歴博の最新の研究状況を伝えるとともに、総合資料学がひらく新たな可能 Read more about 歴史民俗資料館等専門職員研修会にて、総合資料学の講義を実施[…]

国立歴史民俗博物館友の会発足35周年記念講演会「歴博の研究のいまと未来 総合資料学とは」にて講演

2018年11月4日(日)、国立歴史民俗博物館友の会発足35周年記念講演会が、総合資料学をテーマとして開催されました。 本講演会は、「歴博の研究のいまと未来 総合資料学とは」をテーマとして、総合資料学が目指す新たな学問的 Read more about 国立歴史民俗博物館友の会発足35周年記念講演会「歴博の研究のいまと未来 総合資料学とは」にて講演[…]

2018年10月28日 Pacific Neighborhood Consortiumにて研究発表

2018年10月28日(日)、Pacific Neighborhood Consortium(PNC)にて、総合資料学に関わる研究発表を実施しました。PNCは、環太平洋の研究機関を中心とするコンソーシアムであり、年に一度 Read more about 2018年10月28日 Pacific Neighborhood Consortiumにて研究発表[…]

2018年9月29日 第33回人文機構シンポジウム「鹿児島の歴史再発見―新しい地域文化像を求めて―」を開催しました

2018年9月29日(土)、鹿児島大学と人間文化研究機構との協定締結を記念したシンポジウムが鹿児島大学で開催され、メタ資料学研究センターも後援にて参加しました。 イベントの詳細はこちら 総合資料学とも密接に関わる人間文化 Read more about 2018年9月29日 第33回人文機構シンポジウム「鹿児島の歴史再発見―新しい地域文化像を求めて―」を開催しました[…]

第29回日本資料専門家欧州協会年次大会 (EAJRS 2018)で報告

9月12日~15日、リトアニア・カウナスのヴィータウタス・マグヌス大学で第29回日本資料専門家欧州協会年次大会(EAJRS 2018) が開催されました。今回の大会テーマは「(G)localizing Japanese Read more about 第29回日本資料専門家欧州協会年次大会 (EAJRS 2018)で報告[…]

2018年9月3〜6日長崎大学との連携授業「総合資料学」を実施

2018年9月3日から6日にかけて、長崎大学大学院多文化社会学研究科の授業「総合資料学」を歴博内にて実施しました。 この「総合資料学」の授業は、歴博が進める総合資料学研究の最先端を学んでもらうとともに、資料と展示を実際に Read more about 2018年9月3〜6日長崎大学との連携授業「総合資料学」を実施[…]

2018年7月5日 全国歴史民俗系博物館協議会第7回年次集会への出席

2018年7月5日(木)、全国歴史民俗系博物館協議会(歴民協)第7回年次集会が大阪歴史博物館で開催されました。メタ資料学研究センターからは後藤副センター長、天野、渋谷が参加しました。 全国歴史民俗系博物館協議会の概要につ Read more about 2018年7月5日 全国歴史民俗系博物館協議会第7回年次集会への出席[…]

2018年6月21日・22日 第21回大学博物館等協議会・第13回日本博物科学会でポスター発表

2018年6月21日(木)・22日(金)、第21回大学博物館等協議会・第13回日本博物科学会が香川大学・幸町キャンパスにて開催されました。 大学博物館等協議会には、歴博も平成28年度より加盟しております。昨年度に引き続き Read more about 2018年6月21日・22日 第21回大学博物館等協議会・第13回日本博物科学会でポスター発表[…]